総合トップへ
ホーム  >  お知らせ [ 一般向け ]  >  運転士用保護メガネの導入について

お知らせ

運転士用保護メガネの導入について

最終更新日[2023年11月24日]
 熊本市交通局では、運転士の運転時の視認性向上及び疲労軽減による更なる安全性向上を目的に、運転士用保護メガネ(偏光サングラス)を導入いたします。令和4年10月に実施した試験導入及びお客様アンケート結果において、お客様からも肯定的なご意見をいただいたことから、今回本格導入することとしました。
 
1 保護メガネの導入効果
 ・直射日光及び反射光によるまぶしさの軽減を図ることで視認性を向上
 ・直射日光及び反射光をカットする事で疲労を軽減

2 導入日
 令和5年12月1日(金曜日)

3 対象者及び対象区間                 
 対象者:着用を希望する電車運転士
 区 間:全区間
 ※保護メガネを着用した状態で運転士が接客を行う場合がございます。

4 使用する保護メガネ
 メーカー:株式会社タレックス
 レンズ :トゥルービュー🄬(偏光レンズ)
 性能  :①色覚に影響を及ぼさない(特許取得)
      ②疲労軽減
 ※「オーバーグラス」「クリップオンサングラス」の2タイプを導入
          

  ≪着用イメージ≫
   着用イメージ 着用イメージ2
このページに関する
お問い合わせは
交通局運行管理課
電話:096-361-5241
ファックス:096-361-5258
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
KCT
熊本市交通局 〒862-0971 熊本市中央区大江五丁目1-40 電話:096-361-5211 FAX:096-363-5955