総合トップへ
ホーム  >  お知らせ [ 一般向け ]  >  【休校延長による更新情報あり】新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校に伴う通学定期払戻しの特別対応について

お知らせ

【休校延長による更新情報あり】新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校に伴う通学定期払戻しの特別対応について

最終更新日[2020年4月6日]

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校に伴う通学定期払戻しの特別対応を行います

令和2年3月2日からの小・中・高校等の臨時休校に伴い、市電通学定期の払戻しを行います。

 

休校が延長したことに伴い、通学定期払戻しの特別対応を延長します

 休校の延長に伴い、通学定期払戻しの特別対応を延長します。

 新学期を想定し、事前に購入された通学定期券も払戻対象です。

 臨時休校に伴う特別な対応となりますので、通常の払戻しとは手数料や計算方法等が異なります。



・払戻しは、定期券額面の日割計算となります。
・払戻手数料は徴収いたしません。
・熊本市交通局総務課営業推進班窓口までお申し出ください。桜町バスターミナル2Fバス案内所及び熊日プレイガイド窓口での払い戻しはできません。
・受付時間
  平日: 8:45~17:30

・払戻し請求には、印鑑又は身分証明書をご持参ください。

 

通学定期払戻しの特別対応についてのFAQ

Q.3月に購入した4月以降の通学定期券も払い戻しできるか。

A.購入日にかかわらず、払戻しを行います。ただし、定期券を使用した場合は、最終利用日の翌日分からの払戻をします。

Q.休校にさかのぼって払戻しできるか。

A.申出日にかかわらず、臨時休校となった3月2日以降の払戻しを行います。ただし、休校になった32以降に使用した場合は、最終利用日の翌日分からの払戻をします。
 

Q.いつまでに手続きが必要か。

A.令和2年6月1日(月曜日)までに申請手続きをお願いいたします。


Q払い戻しの計算方法について

A定期券購入額から、利用期間に応じ日割計算した金額を差引いて払戻しを行います。

      利用期間は、交通局で利用履歴システムにて確認を行います。

   また、休校となった日まで遡って払戻しますので、申請される日は関係しません。

  払戻し金の計算例

     例1)2/19から3/18までの1ヵ月の通学定期(5,100円)を3/1までの12日間使用し払戻す場合

       購入金額  日割計算   利用日数 払戻額

          5,100円 - (5,100円÷29) × 12日 =2,990

        32日以降の日割2,990円の払戻しとなります。

  例2)4/7から5/6までの1ヵ月の通学定期(5,100円)を4/7の1日のみ使用し、4/15に払戻す場合

       購入金額  日割計算   利用日数 払戻額

          5,100円 - (5,100円÷30日) × 1日 =4,930円

        4月8日以降の日割4,930円の払戻しとなります。

 

Q.代理での手続きについて

A.代理での手続きも可能です。払戻し請求には、所有者本人の印鑑、身分証明書又は委任状、並びに窓口にお越しの方の印鑑又は身分証明書をご持参ください。

 

Q.通勤定期の払戻しについて

A.今回の特別対応の対象外です。払戻しを行う場合、通常の払戻しとなります。

  


【お問い合わせ先】

 熊本市交通局総務課営業推進班 096-361-5233

このページに関する
お問い合わせは
交通局総務課営業推進班
電話:096-361-5233
ファックス:096-361-5217
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
KCT
熊本市交通局 〒862-0971 熊本市中央区大江五丁目1-40 電話:096-361-5211 FAX:096-363-5955